xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)とは?

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)とは?

AI xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)とは?
広告

AIにより決算の自動分析レポートを提供するxenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)。

そのサービスについてわかりやすく解説していきます。

広告

 

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)とは?

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は、2016年2月に設立された企業や財務分析を自動化で行うツールを提供する企業です。自然言語処理を活用した自動作成サービスを3つ提供しており、様々な角度からの分析ツールを提供しています。

 

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)はどのようなサービスか?

大きく分けて、3つのサービスを提供しています。

xenoFlash(ゼノ・フラッシュ)

AIによる自動生成決算分析レポートです。上場企業を対象に、情報が開示されたのと同時に、AIが自動でレポートを作成をしてくれます。

以下図のように、PDF一枚でシンプルにかつわかりやすくまとめてくれるのが特徴です。

 

xenoFlash(ゼノ・フラッシュ)

xenoStory(ゼノ・ストーリー)

決算要約文章を自動で作成するサービスです。決算発表時に公表された資料から、決算の要約を自動でかつスピーディに行なってくれます。

膨大な決算資料をひとつずつ読むのは大変ですが、こちらのサービスを使うとよりシンプルに分かりやすく読むことが可能です。

 

xenoStory(ゼノ・ストーリー)

xenoBrain(ゼノ・ブレイン)

自然言語処理技術によりニュースを解析し、上場企業の将来利益を予測するWebサービスです。上述の2つのサービスに加え、将来の予測も行なってくれるため、より効率的に企業分析が行えるサービスとなっています。

現在xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)の主力サービスとなっており、今後の更なる展開が期待できます。

 

xenoBrain(ゼノ・ブレイン)

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)の代表者は?

代表取締役社長は、『関 洋二郎』です。

慶應義塾大学商学部在学中に公認会計士の資格を取得し、また在学中からあらた監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)で公認会計士業務やIT統制に従事していました。卒業後、2012年に株式会社ユーザベースに入社し、アジア最大級ビジネスプラットフォームの事業開発部責任者を務めました。その後独立し、2016年xenodata lab. を設立し、現在の役職に就任しています。

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)の資金調達状況は?

設立以降、順調に資金調達を行なっており、現在シリーズBラウンドに位置しています。

xenodata lab. は2017年2月にシードラウンドで6,000万円、2017年11月にシリーズ A ラウンドで2.5億円を調達。2019年3月、調達ラウンドはシリーズ B で調達金額は7.8億円となっています。

https://thebridge.jp/2019/03/xenodata-lab-series-b-round-funding

xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)の今後の動向は?

順調に資金調達を進めているのに加え、ダウ・ジョーンズ社、ブルームバーグ社、時事通信社と提携を進めており、非常に将来が楽しみな企業です。

シリーズBラウンドに到達し、キャッシュを確保したので、現在のサービスのさらなる拡充と新サービスの準備を進めていくことかと思います。

まとめ

サービス自体、金融業務を効率化するといった観点でサービスが設計されており、非常に汎用性の高いプロダクトとなっているかと思います。多くの金融機関から融資を受けており、またダウ・ジョーンズ社など大手ニュース機関との提携も発表しており、サービスを拡充する材料は十分にある企業であると思います。

新しく発表したxenoBrain(ゼノ・ブレイン)をどのくらい拡充していくかがキーとなると思うので、今後の動向が楽しみです。

広告