次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
Viibar(ビーバー)とは?

Viibar(ビーバー)とは?動画に特化したサービスを展開

広告

動画に特化したサービスを展開するViibar(ビーバー)。同社のサービスの内容と評判、資金調達状況などについてわかりやすく解説していきます。

Viibar(ビーバー)の概要

Viibar(ビーバー)の概要

Viibar(ビーバー)は、2013年4月に設立された動画事業に特化したサービスを展開するSaaS型企業です。現在非上場企業ではありますが、同社が展開する動画事業の国内市場規模が急速に拡大していっている背景もあり、順調に資金調達をおこなってます。IPO(上場)含めた今後の動向が楽しみな企業と言えるでしょう。

広告

Viibar(ビーバー)とは、どのようなサービスか?

Viibar(ビーバー)が提供するサービスは、『企業向け動画サービス』、『メディア向け動画サービス』、そして『Vync(ビンク)』です。特に、『Vync(ビンク)』がSaaS型のビジネスのため、こちらのサービスを中心に紹介していきます。

企業向け動画サービス

企業向けに展開する動画サービスは、動画広告と動画制作の2つに大きく分かれます。以下にてその詳細を解説していきます。

動画広告事業

動画広告事業

Viibar(ビーバー)が展開する動画広告事業は、その企画から制作、運用まで一気通貫でサポートしてくれるのが特徴です。

サービスの強み

特に同社が動画に特化して持つ知見を活かし、広告クリエイティブ制作と運用体制が整っていることが、このサービスの強みであると言えるでしょう。

動画制作事業

動画制作事業

Viibar(ビーバー)が展開する動画制作事業は、web動画からTVCMまで、様々な目的と媒体にあったものを作ることが可能です。

サービスの魅力

特に、同社の動画に対するノウハウを活かし、年間400本以上の動画制作をおこなった実績のあるチームがサポートするため、目的に応じた動画制作をすることができるのが強みと言えるでしょう。

メディア向け動画サービス

メディア向け動画サービス

続いて、同社の動画を軸としたメディアの開発・運営、事業開発などを支援するサービスについて解説していきます。

Viibar(ビーバー)が展開するメディア向け動画事業は、動画を軸としたメディアづくりを支援するサービスです。特に、放送局や新聞社、出版社、ネット企業のパートナーとして、動画を軸としたメディアの開発・運営を支援しています。

メディアのメリット

特に同社の知見を活かして、動画コンテンツの企画・制作から配信、分析、収益化を行うことを支援してもらえるため、より魅力的な動画コンテンツの制作をすることができると言えるでしょう。

Vync(ビンク)

最後に同社が展開するSaaS型ビジネスのVync(ビンク)について解説していきます。

Vync(ビンク)とは?

Vync(ビンク)とは?

Vync(ビンク)とは、動画の制作進行を効率化する、クラウド制作管理ツールサービスです。
同社の動画制作について持つ知見を元に、作成されたサービスであるため、クリエイターにとってより動画制作を効率化できるサービスとなっています。

Vync(ビンク)の魅力とは?

次に、Vync(ビンク)のサービスの魅力について以下にて解説していきます。

コミュニケーションが円滑になること
コミュニケーションが円滑になること

Vync(ビンク)のコミュニケーション機能を使えば、動画制作に関するコミュニケーションを一元化してやり取りすることが可能です。そのため、より効率的なコミュニケーションを取ることができます。

クラウドサービスであること

Vync(ビンク)は、クラウド型サービスであるため、場所とデバイス問わず、いつでも動画制作を行うことが可能です。そのため、場所やデバイス関係なく作業を行うことができるため、より効率的に動画制作業務を行うことができます。

より使いやすいサービス設計となっていること

Vync(ビンク)は、3,000人以上のクリエイターに評価をしてもらい作成したサービスです。そのため、クリエイターにとって欲しい機能が欲しい場所にあるかゆいところに手が届くサービスとなっています。

Viibar(ビーバー)の代表者は?

代表取締役CEOは、『上坂 優太』氏です、
テレビ制作会社にて番組のディレクターの経験をした後、楽天株式会社に入社します。楽天市場及び楽天グループ全体のマーケティングを担当し、経験を積みます。その後、2013年4月、株式会社Viibarを創業し、現在に至ります。

Viibar(ビーバー)の資金調達状況は?

創業から順調に資金調達をおこなっており、現在までに約20億円の調達を完了し、シリーズDラウンドに位置すると推定されます。

Viibarは、14年にグロービス・キャピタル・パートナーズとグリーベンチャーズから3億円、15年にヤフーとの資本業務提携時に7億円を調達。さらに17年に入って日本経済新聞社や電通グループとも資本業務提携を結び、それぞれのタイミングで4億円ずつ調達し、累計資金調達額は20億円近くなっている。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/22/news092.html

2018年11月、株式会社Viibarは、日本テレビ放送網株式会社と資本業務提携に関する契約を締結しました。

https://viibar.com/news/p181109

Viibar(ビーバー)の今後の動向は?

<Viibar(ビーバー)の今後の動向は?>
今後、資金調達も順調におこなっていることから、IPO(上場)含めた体制に移っていくものと想定されます。そのため、経営や業務管理体制の整備をおこなっていくことが予想されます。また、日本テレビをはじめとした各種メディアと業務提携をおこなっており、提携先の持つノウハウを活かしつつ、サービスのさらなる拡大および新サービスの開発を進めていくものと思われます。

日本テレビと、広告及びコンテンツ領域における包括的な業務提携を締結し、それぞれの持つ顧客基盤・ブランド価値・ノウハウ・ネットワークなどを相互活用することで、両社の強みを生かした新しいサービスの開発・運営を推進してまいります。

https://viibar.com/news/p181109

まとめ

動画に特化したサービスを展開するViibar(ビーバー)。同社のサービスについて詳しく解説をしてきました。国内の動画サービスの市場規模が順調に拡大していく中、同社のビジネスも拡大余地が十分あると思います。今後、IPO(上場)含めた同社の動向から目が離せません。

広告
Viibar(ビーバー)とは?
最新情報をチェックしよう!