将来有望なSaaS企業を紹介していきます。
テックタッチとは?

テックタッチとは?ITシステム活用をサポートするサービスを展開

広告

ITシステムの活用をサポートするサービスを展開するテックタッチ。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説していきます。

テックタッチの概要

テックタッチの概要

テックタッチとは、2018年3月に設立されたITシステムの活用をサポートするサービスを展開するSaaS型企業です。ITシステムの導入が進んでいる現代の中で、その利活用を支援するサービスを提供する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、今後の展開が楽しみな企業です。

広告

テックタッチとは、どのようなサービスか?

テックタッチの主なサービスは、同社名と同じサービス名である『テックタッチ』です。以下にて詳細を解説していきます。

テックタッチとは?

テックタッチとは?

テックタッチとは、ITシステムの活用をサポートし、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するサービスです。現在政府が推進する『働き方改革』などの業務効率化の動きをサポートするサービスとして注目を集めています。

テックタッチの魅力・評判とは?

続いて、テックタッチの魅力や評判を解説していきます。

マニュアルがいらないこと

マニュアルがいらないこと

テックタッチでは、システム上で操作方法がわかるため、導入にあたってのマニュアルが不要です。そのため、システムの使用方法などの研修が不要で、すぐに誰でも活用することが可能です。

研修コストが不要であること

研修コストが不要であること

テックタッチでは、必要な時に画面上で使い方が確認できるため、事前に研修などをすることが不要です。また、一度研修をして忘れてしまっても、すぐに画面上で確認できるため、研修コストが中長期的にみても掛からず、業務を効率化することが可能です。

問い合わせ研修を大幅に削減できること

問い合わせ研修を大幅に削減できること

テックタッチでは、サービスを利用するユーザーとしても、使い方が画面上で確認できるため、問い合わせをする件数を減らすことが可能です。実際に、同社の調査によると、月1000件社内問い合わせがある場合、約400時間の問い合わせ対応時間の削減をすることができたという結果も確認されています。

データ入力ミスを削減できること

データ入力ミスを削減できること

テックタッチでは、ユーザーのデータ入力ミスを極力削減することが可能です。そのため、情報を紐づける作業をより効率化することができます。

システム導入による効果を最大化できること

システム導入による効果を最大化できること

テックタッチでは、システム上で使用方法の案内ができるため、使い方の難易度が高い機能やユーザーが気づいていない機能を使用してもらうことが可能です。サービスの効果を最大限まで高めることができるため、ユーザーにシステム導入の効果を実感してもらえます。

テックタッチの代表者は?

代表取締役は、『井無田 仲』氏です。
大学卒業後、ドイツ証券、新生銀行にて企業の資金調達やM&Aアドバイザリー業務に従事します。その後、ユナイテッド社で米国子会社代表などを歴任後、2018年3月、テックタッチを創業し、今に至ります。

テックタッチの資金調達状況は?

創業から短い期間の間に、総額1.2億円の調達を完了し、現在シード期にいると推定されます。

2019年9月、日本初の企業のITシステムの活用をサポートするSaaS「テックタッチ」を開発するテックタッチ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:井無田 仲)は、Archetype Ventures、DNX Ventures他個人投資家などを引受先とする総額1.2億円の資金調達を実施いたしました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000048939.html

テックタッチの今後の動向は?

今回調達した資金をもとに、開発チームの採用を強化し、新機能をリリースすることが想定されます。2019年の2月に正式リリースしたばかりですが、企業のITシステムの活用を促進する機能の拡充をスピード感を持って取り組めているところが素晴らしいですね。今後、どのような機能追加をしていくのかが楽しみです。

この度調達した資金を用いて、開発チームの採用を加速いたします。既存ソリューションを強化するとともに、2019年度後半に「システム利用状況解析機能」をリリースする予定です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000048939.html

まとめ

ITシステムの活用をサポートするサービスを展開するテックタッチ。同社のサービスについて解説しました。ITシステムの導入、ひいてはSaaSの導入が日本企業においても進んでいる中、同社のサービスが展開できるマーケットもさらに拡大していくものと想定されます。同社の今後の展開から目が離せませんね。

広告