次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
TableCheckとは?

TableCheckとは?人気の飲食店を簡単に検索・予約

広告

人気の飲食店を簡単に検索・予約ができるサービスを提供するTableCheck(テーブルチェック)。そのサービスの評判と内容、資金調達状況など詳しく解説します。

TableCheckの概要

TableCheckの概要

TableCheck(テーブルチェック)は、2011年3月に設立された飲食店とその顧客を繋げるサービスを展開するSaaS型企業です。特に、食事とテクノロジーを掛け合わせたサービスを展開しているため、FoodTech企業として今後の活躍が期待できる企業です。採用活動にも積極的に取り組んでいるため、興味のある方はこちらから確認することが可能です。

広告

TableCheckとは、どのようなサービスか?

TableCheck(テーブルチェック)は、同社の名前と同じサービスである『TableCheck』と『TableSolution』の主に2つのサービスを展開しています。以下にてそれぞれのサービスについて詳しく解説していきます。

※『TableCheck』は、顧客側の観点でのサービスであり、『TableSolution』は飲食店側の観点でのサービスです。そのため、以下では両者の観点で見たときのサービスの内容を記載します。

TableCheck

それではまず、TableCheckについて見ていきます。

TableCheckとは?

TableCheckとは?

TableCheckとは、人気の飲食店の検索・予約をリアルタイムで行うことができるサービスです。このサービスの内容について、以下にて詳しく見ていきます。

TableCheckの魅力は?

TableCheckの魅力について、以下にて見ていきます。

シンプルに検索・予約ができること
シンプルに検索・予約ができること

TableCheckは、リアルタイムで人気の飲食店を検索・予約することができるため、人気の飲食店をスムーズに予約することが可能です。

会計もシンプルにすることができること
会計もシンプルにすることができること

また、TableCheckPayというサービスも展開しており、こちらのサービスが使用できる飲食店では、食事後会計を行うといった作業が不要です。そのため、よりスマートに飲食店での支払いを済ませることができます。

TableSolution

続いて、飲食店向けのサービスであるTableSolutionについて見ていきます。

TableSolutionとは?

TableSolutionとは?

TableSolutionとは、レストランの予約管理・顧客管理と、お客様のネット予約画面が一体となった総合管理システムサービスです。

TableSolutionの魅力とは?

管理業務を効率化するだけではなく、飲食店にとってメリットのある機能を多く有するTableSolutionの魅力について、以下にて解説していきます。

シンプルに使うことができること
シンプルに使うことができること

TableSolutionでは、操作性に優れた設計がされており、より直感的に操作することが可能です。導線設計をしっかりしているため、より効率的に飲食店の業務をスタッフに行ってもらうことができます。

予約を増やす仕組みがあること
予約を増やす仕組みがあること

TableSolutionでは、ネット予約ページを独自に準備されており、自社のHP上にそのリンクを貼るだけで予約を管理することが可能です。またこちらの予約ページは、多言語対応、柔軟な予約受付設定を行うことができるなど多機能の使い勝手のいいサービスとなっています。

外部のグルメサイトとの連携機能があること
外部のグルメサイトとの連携機能があること

TableSolutionでは、ぐるなびなどの外部のグルメサイトとの連携機能を有しており、全ての予約管理を一元化することが可能です。

キャンセルを予防する仕組みがあること
キャンセルを予防する仕組みがあること

TableSolutionでは、クレジットカード決済を事前に行うことによって、キャンセルを予防する仕組みがあります。そのため、飲食店にとって、一番リスクのある直前のキャンセルを防ぐことができるため、非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

電話で自動予約することができること
電話で自動予約することができること

TableSolutionでは、電話予約を自動で受け付け、予約台帳とリンクし、顧客に自動で予約を行なってもらうことが可能です。そのため、繁忙期や営業時間外の時、予約を取りこぼしているものも取り込むことができます。

予約確認・リマインド機能が優れていること
予約確認・リマインド機能が優れていること

TableSolutionでは、予約が完了した段階や予約日前日などにリマインドを送付することが可能です。そのため、別日であると思っていたなどの事象を一定防ぐことができます。

TableCheckの代表者は?

代表取締役は、『谷口 優』氏です。
大学卒業後、CyberSource日本法人にて営業、リーガル、経営企画を経験後、English OK(現ピクメディア) にて新規事業の立ち上げに携わります。その後、2011年、VESPER(現TableCheck)設立し、今に至ります。

TableCheckの資金調達状況は?

創業してから順調に資金調達を実施しており、現在までに約10.7億円の調達を完了しています。

「Dining Connected 世界中のレストランとカスタマーの最良の架け橋になる」をミッションに、「TableSolution(テーブルソリューション)」と「TableCheck(テーブルチェック)」2つのレストランプラットフォームを開発・提供する株式会社TableCheckは、DNX Venturesをリード投資家とし、既存株主であるSMBCベンチャーキャピタル株式会社との合計2社を引受先とする第三者割当増資を行い、総額6億円の資金調達を実施したことをお知らせします。当社はこれまでに、ジャフコ、SMBCVC、出井伸之氏、山田進太郎氏などから4.65億円の資金調達を実施しており、累計調達総額は10.65億円になります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000023564.html

TableCheckの今後の動向は?

今回得た資金を元に、今後さらなる海外展開を図っていることが想定されます。とりわけAPAC(アジア太平洋)全域への進出を図っており、現在、『韓国、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、タイ』の5ヶ国への進出を完了しており、今後さらなる拡大が期待できます。

調達した資金は、海外拠点新設と人材採用による世界展開のさらなる加速、飲食店業務の自動化・最適化をグローバル規模で実現するプロダクト開発体制の強化にあてる予定です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000023564.html

まとめ

人気の飲食店を簡単に検索・予約ができるサービスを提供するTableCheck(テーブルチェック)。そのサービスについて詳しく解説してきました。海外進出にも積極的に取り組んでおり、FoodTechビジネスがこれから伸びることが期待される今、今後の成長が楽しみである企業と言えるでしょう。

広告
TableCheckとは?
最新情報をチェックしよう!