次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
PR Tableとは?

PR Tableとは?

広告

企業が自社を表現するコンテンツ(ストーリー含む)を発信するサービスを展開するPR Table。
そのサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説します。

PR Tableの概要

PR Tableの概要

PR Tableは、2014年12月に設立された、企業が自社を表現するコンテンツ(ストーリー含む)を発信するサービスを展開する企業です。現在非上場企業ですが、企業のPR(Public Relations)に新たな手段を提供した企業として注目を集めています。

広告

PR Tableは、どのようなサービスか?

同社名と同じサービス名称である『PR Table』を展開しています。また、コミュニティとして『PR Table Community』を運営しています。それぞれについて以下にて詳しく解説していきます。

PR Table

PR Tableのサービス

PR Tableとは?

PR Tableは、従来の型にはまったPRを行うのではなく、リアルなストーリーをベースとしたPRを行うサービスです。その会社で働く個々人のリアルな原体験をストーリーとして外部に発信することで、より説得力の増したPRを行うことが可能です。

PR Tableのビジネスモデルは?

月額10万円から企業側は、ストーリーを組み立てることができます。また、ストーリーを組み立てる際も構成案や質問案のテンプレートをPR Table側が準備しているので、よりスムーズに書くことが可能です。
PRをどのように書いたらいいかわからない、もしくはプロの目線でよりインプレッションをあげたいという企業向けに、ストーリー代行サービスという有料オプションも準備しています。そのため、ストーリーを構築するプロによるサービスでマネタイズを行なっています。

PR Table Community

PR Table Communityの概要

PR Table Communityとは、PR Table社が運営するオウンドメディアです。同社が掲げる『PR 3.0』の実現に向け、‘Personal Relations’――企業と「個」の新しい関係構築を目指して展開するコミュニティです。
オンラインでの活動としては、『PR 3.0』の実現のために、同社が「PRのアップデートのために話を聞きたい」と思った人にインタビューをしています。このインタビューは、広報担当者だけではなく、人事、経営者、IR担当、編集者、クリエイター、そのほか専門家など幅広くインタビューをしており、バラエティに富んだ非常に面白いメディアとなっています。
また、オフラインでの活動としては、PR3.0 Conferenceという大規模カンファレンスを2018年に開いており、こちらの活動も注目していきたいですね。

PR Tableの代表者は?

代表取締役は、『大堀 航』と『大堀 海』の2名です。
2人は実の兄弟で起業しており、2人ともPR業界で経験をそれぞれ積んだ後、起業しています。兄の『大堀 航』氏は、大学卒業後、PR会社であるオズマピーアール社に新卒で入社、その後ベンチャー企業のレアジョブ社へ入社し、上場も経験しました。その経験を積んでから、PR Tableを立ち上げました。弟の『大堀 海』氏は、PR業界でフリーランスとして経験を積んで、兄と一緒にPR Tableを立ち上げました。

PR Tableの資金調達状況は?

2014年12月の設立以来、総額6億円の資金調達を完了しています。現在、シリーズBラウンドに位置していると推定されています。

PR Tableが2017年9月、シリーズAラウンドとして1億5000万円の資金調達を終えたことを発表した。PR Tableは2014年12月創業で、2016年10月には3000万円を調達していて、累計1億8000万円の資金調達となる。

https://jp.techcrunch.com/2017/09/19/prtable/

企業の思いやブランド表現のためのプラットフォーム「PR Table」は2018年11月、総額約3億4000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。また、同社は11月末日をクローズ予定日として、追加で約8000万円の資金調達を進めているという。

https://jp.techcrunch.com/2018/11/26/prtimes-fundraising/

PR Tableの今後の動向は?

順調に資金調達も完了し、シリーズBラウンドも達成していることから、今後手元資金をベースに事業の拡大をどのように進めていくかがキーポイントになっていくかと思います。
現状、資金調達を実施後、大きなプレスリリース発表されていませんが、出資元のベンチャーキャピタルからアドバイザーとして何人かも参画しているため、その知見を含めたサービス展開を期待できるかと思います。

まとめ

PR Tableについて、解説をしてきましたが、この企業が魅力的なのは、PRというすでに存在している業界に新しい価値を提供したという点にあるかと思います。現在、オウンドメディアで『PR3.0』について展開していっていますが、既存の価値を再定義し、全く新しい業界を創り出した点が素晴らしいと思います。今後、『PR3.0』を担うリーディングカンパニーとしてどのようにビジネスを展開していっていくのかが楽しみです。

広告
PR Tableとは?
最新情報をチェックしよう!