次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
POLとは?

POLとは?理系学生向けの就活支援システム

広告

理系学生に向けた就活支援システムPOL。その内容について、わかりやすく解説していきます。

POL(ポル)の概要

POL概要

POL(ポル)とは2016年9月に設立された、理系学生をターゲットにした就活支援サービス及び研究者探索プラットフォームです。
理系学生に特化したサービスを複数展開することにより、理系学生にとって、まず登録すべきサービスになるのと同時に、企業側も理系の就活生や研究者に特化してアプローチができるので、お互いにメリットのあるサービスになっています。

広告

POL(ポル)とは、どのようなサービスか?

主にLabBase、LabBase X、Lab-Onの3つのサービスに分けられます。

LabBase

LabBase概要

LabBaseとは、理系学生に特化した、シェアトップのダイレクトリクルーティングサービスです。
現在7000名の理系学生の登録があります。理系学生としては、自分の研究が忙しくて就活ができないという課題に対して、登録をすれば自動的に企業側からアプローチがあるのは大きなメリットがあると言えるでしょう。企業側としては、研究に没頭して就活をあまりできていな人に対してリクルーティングできる、また研究内容を事前に見れるのは大きなメリットになるでしょう。

LabBase X

LabBase X概要

LabBase Xとは企業と大学・研究者をつなぐプラットフォームです。
日本国内の研究者を約90%に該当する60万人をカバーしており、研究内容について閲覧することが可能です。研究者と企業側のマッチングサービスとしては日本でもトップクラスと言えるでしょう。また、リサーチ支援サービスも合わせて行っており、今後のサービス動向が楽しみです。

Lab-On

Lab-On概要

Lab-Onとは理系学生および科学好きの人のためのコミュニティメディアです。
科学・理系学生向けに特化した質の高いメディアを発行しています。

POL(ポル)の代表者は?

代表取締役CEOは、『加茂 倫明』です。現在東京大学工学部の3年生なので、学生起業をしているということになります。「Forbes 30 Under 30 Asia」の「Healthcare & Science」部門に選出もされている、将来が非常に楽しみな起業家の1人です。

POL(ポル)の資金調達状況は?

現在、順調に資金調達を行なっており、計約1億円以上の資金調達を完了していると推定されます。現在、Seed期にいると推測されます。

2017年4月24日、リード投資家のBEENEXT、サイバーエージェント・ベンチャーズ、Draper Nexus、Beyond Next Ventures、及びエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額5000万円を調達すると発表した。

https://jp.techcrunch.com/2017/04/24/labbase-funding/

2018年11月15日、株式会社PKSHA Technology(本社:東京都文京区、代表取締役:上野山 勝也)、個人投資家の千葉功太郎氏、松田良成氏(弁護士法人漆間総合法律事務所 所長弁護士)、森本千賀子氏(株式会社morich 代表)、御立尚資氏、岡野求氏(元株式会社FiNC CHO)、その他個人投資家1名を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を実施いたしますのでお知らせいたします。金額は非公開となっております。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000020282.html

POL(ポル)の今後の動向は?

今年度は、新規事業に注力していくとインタビューで回答しています。昨年11月に資金調達をしたばかりでキャッシュに余力のある時に、新規事業をより密に展開していくとのことでしょうか。

まとめ

POL(ポル)についてまとめましたが、非常に将来が楽しみな会社であると思います。
特に、理系学生に特化した就活支援サービスというのは、現在群雄割拠状態の人材サービス業界において、明確に差別化ができていると思います。
また、POLのビジネスモデルで興味深いのが、各主要大学にアンバサダーと呼ばれるインターン生を配置していることです。社員が15名に対し、インターンが100名という数値からもアンバサダーという仕組みがうまく活用されているのがわかると思います。
各主要大学で学んでいる学生をインターンとして採用することで、より密な情報の連携ができると思います。
いずれにしてもこれからの成長が楽しみな会社です。

広告
POLとは?
最新情報をチェックしよう!