次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
ネオキャリアとは?

ネオキャリアとは?

広告

人材サービス業からスタートしたネオキャリア。その後事業を順調に拡大し、現在人材サービス業のみならず、HRTech、Healthcareなど様々な分野に事業を展開しています。そのサービスの内容、資金調達状況などをわかりやすく解説していきます。

ネオキャリアとは?

2000年に設立されたネオキャリアですが、創業当時は、人材サービス業を中心に、新卒・中途のキャリアコンサルティングを行なってきました。その後、介護などをはじめとするヘルスケア領域の事業もはじめ、アジアにも進出をしています。また、HRTechなどの先端テクノロジーなどの事業にも進出しており、成長著しい企業です。
現在、上場はしていませんが、直近の売上高が500億円を超えており、素晴らしい成長率で業績を拡大している企業です。

広告

ネオキャリアは、どのようなサービスか?

続いて、ネオキャリアのサービスについてわかりやすく解説していきます。
現在、ネオキャリアは大きく分けて3つの事業を主力としています。

Human Resource

ネオキャリアの創業した時から行なっている、人材サービス業です。新卒・中途採用だけでなく、アルバイトの採用やシステム開発も合わせて行なってくれるサービスを展開しています。各ターゲット別のサービスを展開するエージェントneoや、就活情報サイトであるUnistyleなどが代表的なサービスとして挙げられます。

Healthcare

2つ目の事業がヘルスケアです。人材不足に悩むヘルスケア業界に対して、より効率的なマッチングサービスを提供しています。医療のみならず、介護や保育といった部分に対しても人材サービスを提供しています。

HRTech

3つ目としては、HRTechです。Web広告やメディア運用など人材を集める際に必要となる項目を、ネオキャリア側で作成することが可能です。これにより、人材採用からプロモーション、エンジニア活用など幅広い分野に対してカバーすることができ、より効果的な施策を実施できます。

ネオキャリアの代表者は?

代表取締役は、『西澤 亮一』です。
日本大学商学部卒業後、投資会社へ入社しますが、すぐに退職します。
その時の同期9名で株式会社ネオキャリアを設立し、取締役に就任します。
設立後1年半で赤字4000万円を抱え、一時倒産の危機を迎えた際、西澤を代表取締役として会社を立て直すことになります。就任後、すぐの単月黒字化を維持し、1年半後には累積債務を解消することに成功し、その手腕で、売上、社員数を順調に伸ばしています。

ネオキャリアの資金調達状況は?

2014年に約8億円の資金調達を実施後、会社の業績が好調であるため、特に大きな資金調達は行なってません。事業規模からも上場を視野に入れているフェーズかと思います。

2014年12月、株式会社ネオキャリアは、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社に加えて、株式会社マイナビ、株式会社リンクアンドモチベーション等から総額8億円の第三者割当増資と株式異動を実施したことを、お知らせいたします。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/141212/prl1412121708093-n1.htm

ネオキャリアの今後の動向は?

連結で3千名を超える規模となっていることから、もはやスタートアップ企業とは言えないぐらいの規模になっているネオキャリアですが、今後はこれだけの規模になっていることから、上場をしてより広くキャッシュを集めていくことが想定されます。今後の動向について注力していきたいですね。

まとめ

設立した当初に主力サービスであった人材サービス業を中心に、HRTechやヘルスケアなど関連する他の事業へ展開もしていっているネオキャリア。人材サービスを中心にしていながらもこれだけ環境の変化に対して沿ったサービスを次々と展開していって行けることは素晴らしいと思います。企業体としても大きくなった今後もどのようにビジネスを展開していくのかが楽しみです。

広告
ネオキャリアとは?
最新情報をチェックしよう!