ロジレスとは?

ロジレスとは?受注・倉庫管理業務を効率化するサービスを展開

広告

受注・倉庫管理業務を効率化するサービスを展開するロジレス。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説します。

ロジレスの概要

ロジレスの概要

ロジレスとは、2017年2月に設立された受注管理・倉庫管理業務を効率化するサービスを展開するSaaS企業です。物流業務における受注・倉庫管理を効率化するサービスを提供する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、今後の展開が楽しみな企業です。

広告

ロジレスとは、どのようなサービスか?

ロジレスの主なサービスは、同社名と同じサービス名である『ロジレス』です。詳細について以下にて解説していきます。

ロジレスとは?

ロジレスとは?

ロジレスとは、EC業界における受注から倉庫管理、出荷までのフローを効率化することができるサービスです。EC業界において一番工数がかかる発送業務を効率化することができるサービスとして注目を集めています。

ロジレスの魅力・評判とは?

続いて、ロジレスの魅力と評判について解説していきます。

自動で発送できること

自動で発送できること

ロジレスでは、受注から出荷までの基本的な業務を自動化することが可能です。そのため、商品を自動で発送することができ、業務を効率化することができます。

最適な倉庫を選べること

最適な倉庫を選べること

ロジレスでは、ご要望の条件をヒアリングした後、その条件に合う最適な倉庫を提案することができます。そのため、配送物を最も保管方法が適切な倉庫に保管することができるため、安心して倉庫保管を依頼することが可能です。

在庫管理が効率化できること

在庫管理が効率化できること

ロジレスでは、在庫情報を一元管理し、複数のモールやカートの在庫情報を自動で更新することができます。そのため、ネットショップと倉庫間での手動による在庫調整が不要になり、リアルタイムでの管理をすることが可能です。

様々な自動化をすることができること

様々な自動化をすることができること

ロジレスでは、自動で出荷するための様々な機能が揃っています。また、ネットショップ独自の業務フローに落とし込んだ自動化をすることができるため、より効率的に出荷をすることが可能です。

機能が豊富にあること

機能が豊富にあること

ロジレスでは、上記で紹介した機能以外にも様々な機能が豊富に揃っています。そのため、業務における課題を解決する機能が揃っていると言えるでしょう。

対応モール・カートが豊富なこと

対応モール・カートが豊富なこと

ロジレスでは、様々なモール・カートに対応しています。そのため、利用しているモール・カートでの活用をよりスムーズに行うことが可能です。

ロジレスの代表者は?

代表取締役は、『西川真央』氏です。
2010年、大阪市立大学を卒業後、P&Gに入社し、プロジェクトマネジメントの経験をします。その後、最初の会社を創業し、様々な領域の事業を経験します。その後、2017年2月、ロジレスを創業し、今に至ります。

ロジレスの資金調達状況は?

創業から資金調達を実施しており、現在までに5千万円の調達を完了し、シード期に位置すると想定されます。

2019年2月、株式会社ロジレスは、500 Startups Japanより5千万円のシード資金あの調達を実施した。今後、調達した資金を使い、製品の機能強化や提携物流倉庫の拡大を進める方針だ。

https://ecnomikata.com/ecnews/21773/

ロジレスの今後の動向は?

これから製品のさらなる機能拡大と提携先の拡大を進めていくものと想定されます。EC業界に特化した受注・倉庫管理業務を効率化したサービスであるため、サービスの利便性をさらに高めていくのに加えて、提携先の倉庫を増やしていくことに注力していくものと思われます。資金調達を果たした同社が今後どのように展開していくか楽しみですね。

まとめ

受注・倉庫管理業務を効率化するサービスを展開するロジレス。同社のサービスについて、解説していきました。EC業界は今後も拡大が見込める市場であるため、同社のポテンシャルカスタマーは十分に見込めると思います。その中でも同社は、EC業界における受注・倉庫管理業務に特化した領域を効率化するサービスとして差別化を果たしていると思います。同社の今後の展開から目が離せませんね。

広告