将来有望なSaaS企業を紹介していきます。
LegalForceとは?

LegalForceとは?AIによる契約書レビューサービス

AI LegalForceとは?
広告

AIによる契約書レビューサービスを提供するLegalForce。そのサービスの内容と評判、資金調達状況について詳しく解説していきます。

LegalForceの概要

LegalForceの概要

LegalForceとは、2017年4月に設立された契約書をAIで自動でレビューすることができるサービスを提供するSaaS型企業です。LegalTechと呼ばれる法務とITを掛け合わせたサービスを提供する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、今後の成長が期待できる企業です。また、採用にも積極的に取り組んでおり、こちらからその内容について確認することができます。

広告

LegalForceとは、どのようなサービスか?

LegalForceのメインサービスは、同社の名前と同じサービス名である『LegalForce』です。
以下にて、このサービスの詳しい内容について解説していきます。

LegalForceとは?

LegalForceとは?

LegalForceとは、契約書のレビューを自動で行ってくれるサービスです。契約書のレビュー業務を効率化することにより、その後の契約書の内容についての交渉などに時間を割くことができます。

LegalForceの魅力とは?

それでは、LegalForceの魅力を以下にて詳細に見ていきます。

契約条項の見落としや欠陥を事前に予防できること

契約条項の見落としや欠陥を事前に予防できること

LegalForceでは、作成した契約書案をアップロードし、類型や自社の立場といったレビュー条件を記載すると、自動で不利な条文や見落としている条項を発見することが可能です。そのため、AIによる機械的なチェックと担当者によるチェックの二重での検証をより効率的に行うことができます。

参考条文例を表示できること

参考条文例を表示できること

LegalForceでは、リスクのある箇所について、参考条文例を確認することができるため、より文言の作成に時間を取られずに修正することが可能です。

条文検索機能があること

条文検索機能があること

LegalForceでは、自社の契約書のデータベース化をすることができるため、過去契約した案件の契約書全てをLegalForce上で確認することができます。また、検索機能も優れているため、過去の契約書に対して特定の文言が入っているものだけを抽出することが可能です。

LegalForceの代表者は?

代表取締役CEOは、『角田 望』氏です。
京都大学法学部在学中、司法試験合格(論文全国1位)を果たします。その後、弁護士となり、森・濱田松本法律事務所へ入所し、弁護士としての経験を積みます。その後、2017年
LegalForceを設立し、現在に至ります。

LegalForceの資金調達状況は?

創業から順調に資金調達を実施しており、現在までに約5億8千万円の調達を完了し、シリーズAラウンドであると推定されます。

2018年11月、AIを搭載した契約書レビュー支援サービス「LegalForce」を提供するLegalForceは、ジャフコ、京都大学イノベーションキャピタル、ドリームインキュベータを引受先とした第三者割当増資により約5億円を調達したことを明らかにした。
今回の資金調達は8000万円を調達した4月のシードラウンドに続く、シリーズAラウンドという位置付け。同社では開発体制や人材採用を強化し、正式版のリリースに向けてプロダクトの拡充に力を入れてる。

https://jp.techcrunch.com/2018/11/30/legalforce-fundraising-500m-yen/

LegalForceの今後の動向は?

正式リリースを2019年4月に無事行なったため、今後サービスの拡大を図っていくものと思われます。スタートアップ向けのプランを拡大した後、大手企業に対してのサービスの拡大を行なっていくものと考えられます。

現在のβ版は無料で提供しているけれど、2019年の上旬にはいよいよ有料の正式版をローンチする予定。まずはスタートアップ向けのプランを先行で提供した後、大企業の法務部に対応したプランも整えていく計画だ。

https://jp.techcrunch.com/2018/11/30/legalforce-fundraising-500m-yen/

まとめ

AIによる契約書レビューサービスを提供するLegalForce。そのサービスの内容について解説してきました。今後、リーガルテック業界が大きく伸びていくことが予想されるため、同社のサービスも今後成長していくことが期待できます。

広告