将来有望なSaaS企業を紹介していきます。
Leaner Technologiesとは?

Leaner Technologiesとは?無駄な経費を見える化し削減するサービスを展開

AI Leaner Technologiesとは?
広告

無駄な経費を見える化することで、間接費を削減するサービスを展開するLeaner Technologies。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説をしていきます。

Leaner Technologiesの概要

Leaner Technologiesの概要

Leaner Technologiesとは、2019年2月に設立された無駄な経費を見える化し、間接費を削減するサービスを提供するSaaS企業です。200兆円とも言われる間接費市場を、ビッグデータを元に効率化を促進するクラウド型サービスを提供する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、これからの成長が楽しみな企業と言えるでしょう。

広告

Leaner Technologiesとは、どのようなサービスか?

同社のメインサービスは、同社名を一部切り出したLeaner(リーナー)というサービスです。以下にて詳しく解説していきます。

Leaner(リーナー)とは?

Leaner(リーナー)とは?

Leaner(リーナー)とは、ビッグデータ分析により無駄な間接費を見える化し、削減することを支援するサービスです。通常あまり見える化しにくい間接費を簡単に透明化することができるサービスとして注目を集めています。

Leaner(リーナー)の魅力・評判とは?

続いて、Leaner(リーナー)の魅力と評判について以下にて詳しく解説していきます。

シンプルに分析ができること

シンプルに分析ができること

Leaner(リーナー)では、3つのステップを踏むだけで、間接費の見える化及びどの部分を削減すればいいのかを分析することが可能です。そのため、手元の業務が忙しい中でもあまり工数をかけずに分析することができます。

同業他社と比較した上での間接費の分析ができること

同業他社と比較した上での間接費の分析ができること

Leaner(リーナー)では、自社の間接費の使用状況を記入するだけで、ビッグデータ分析(Leaner AI)を用いて、同様の条件における同業他社との比較を行うことができます。そのため、競合他社と比べて自社の間接費の使用状況が簡単に分析することが可能です。

管理者と担当者双方にメリットのあるサービスであること

管理者と担当者双方にメリットのあるサービスであること

Leaner(リーナー)では、競合他社と比べて、自社の間接費の使用状況を数値化することができるため、客観的に評価しやすくすることができます。そのため、管理者と担当者間での曖昧なコミュニケーションをとることがなくなり、定量的な評価に基づくコミュニケーションをとることが可能です。

Leaner Technologiesの代表者は?

代表取締役は、『大平 裕介』氏です。
慶應義塾大学を卒業後、外資系コンサルファームA.T.カーニーに入社し、大手企業向けのコスト改革などに従事します。その後、2019年2月に株式会社Leaner Technologiesを創業し、現在に至ります。

Leaner Technologiesの資金調達状況は?

創業してまだ間もないですが、現在までに総額5,000万円の調達を完了しており、シード期に位置するものと想定されます。

株式会社Leaner Technologiesは、2019年5月21日より、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner(リーナー)」のサービス提供を開始します。また、同社は創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド(東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介 )から約5,000万円の資金調達を完了致しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000044088.html

Leaner Technologiesの今後の動向は?

今後、Leaner(リーナー)の取扱金額を増やしていくために、プロダクト開発とカスタマーサポートの強化を行っていくものと思われます。取扱金額を2020年内には700億円、2021年内には2,500億円を目指していることから、より多くのユーザーの人に使ってもらえるサービスになるよう、顧客ニーズに合わせたプロダクトの改善、継続的にサービスを利用してもらうべくカスタマーサクセスの充実が求められているものと思われます。今後の同社の展開から目が離せませんね。

今後は、プロダクト開発チーム・カスタマーサポートチームの強化を行っていきます。間接費の取扱金額は2020年内に700億円、2021年内には2,500億円を目指します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000044088.html

まとめ

無駄な経費を見える化することで、間接費を削減するサービスを展開するLeaner Technologies。同社のサービスについて詳しく解説していきました。間接費という極めて扱う金額が大きい市場に展開しているサービスのため、間接費の削減、それにかかる業務の効率化という文脈で、今後の成長余地は十分にある市場であると思います。また、クラウド型のサービスもまだ日本国内であまり出てきていないため、十分に展開をしていける余地があるサービスであると思います。これからどのようにサービス展開をしていくのか楽しみですね。

広告
>LINE@にて最新情報をアップデート

LINE@にて最新情報をアップデート

LINE@では、最新情報を配信しております。
SaaS企業をデイリーで確認されたい方は、以下『ご登録はこちら』よりLINEをご登録ください。
また、調べたいサービス名やカテゴリー名(AIなど)で検索すると、対象のSaaS企業を簡単に検索することも可能です。
ご関心ある方はぜひご登録ください。