次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
KOSKAとは?

KOSKAとは?原価管理を自動化で行う「GenKan(ゲンカン)」を展開

広告

原価管理を自動化で行う「GenKan(ゲンカン)」を展開するKOSKA。そのサービスの内容と魅力、資金調達状況について詳しく解説します。

KOSKAの概要

KOSKAの概要

KOSKAは、2018年10月に設立された製造業向けに原価管理を自動化するサービスを展開するSaaS型企業です。主なサービスであるGenKan(ゲンカン)を中心に企業の原価管理・原価計算を自動化する企業として今後の展開が非常に楽しみです。

広告

KOSKAとは、どのようなサービスか?

KOSKAが展開する主なサービスとしては、『GenKan(ゲンカン)』です。このサービスの内容について詳しく解説をしていきます。

GenKan(ゲンカン)とは?

GenKan(ゲンカン)とは?

GenKan(ゲンカン)は、製造業において、業種を問わずIoTデータを活用し、データの取得と原価計算、原価分析の全て一気通貫して行う事ができるサービスです。

GenKan(ゲンカン)の魅力とは?

GenKan(ゲンカン)を導入することでの魅力について、以下にて詳しく解説をしていきます。

実績データの取得がより簡単にできること

実績データの取得がより簡単にできること

GenKan(ゲンカン)では、加速度センサなどの各種センサを同時に販売しているため、より簡単に実績データの取得を行う事が可能です。そして、生産ダッシュボード上で、実績データの比較もより簡単に行う事ができるため、より業務を効率化する事が出来ます。

原価計算をより細かいメッシュで自動化できること

原価計算をより細かいメッシュで自動化できること

GenKan(ゲンカン)を用いることで、工場毎、製品毎、工程毎のより細かいメッシュで原価計算を自動で行う事が可能です。また、原価計算ダッシュボード上で、デイリーで確認する事ができるため、毎日収支管理を行う事が出来ます。

原価分析を自動で行ってくれること

原価分析を自動で行ってくれること

GenKan(ゲンカン)では、取得した原価計算のデータをもとに自動で差異分析を行い、要因の抽出を行う事が可能です。そのため、自動で原価計算の分析を行う事ができ、発生している課題に対してより注力する事が出来ます。

安価な料金設定であること

安価な料金設定であること

GenKan(ゲンカン)では、月額費用3万円から始める事ができるため、より簡単にサービスの導入をする事が可能です。また、センサ取り付けプランなど各種オプションサービスも充実しており、より参入障壁が低い状態で導入する事が出来ます。

KOSKAの代表者は?

代表取締役CEOは、『曽根 健一朗』氏です。
一橋大学在学中、様々な企業でインターンをする中、IoTを用いた原価管理の実証実験を行います。その時の経験から、GenKanのα版を作成し、現在の役員メンバーと2018年10月に株式会社KOSKAを共同創業し、現在に至ります。

KOSKAの資金調達状況は?

まだ創業して間もないですが、すでに3,000万円の資金調達を完了しており、現在シード期にいると推定されます。

2018年1月、製造業向け原価管理自動化サービス「GenKan(ゲンカン)」を開発・提供する KOSKA(コスカ)は、500 Startups Japan から資金調達したと発表した。

https://thebridge.jp/2019/01/koska-jpy30m-funding-from-500-startups-japan

KOSKAの今後の動向は?

今後、β版である同社の製品『GenKan(ゲンカン)』を検証してくれる顧客を数十社程度獲得し、製品が市場に適合するか確認した後、正式リリースを行っていくものと思われます。また、将来はアジアをはじめとした海外展開も視野に入れており、今後の動向が楽しみである企業と言えるでしょう。

KOSKA では今後、日本国内数十社程度を目標に顧客を獲得し PMF(Product Market Fit)を図り、将来はアジアをはじめとする世界市場への進出も念頭に置いている。

https://thebridge.jp/2019/01/koska-jpy30m-funding-from-500-startups-japan

まとめ

原価管理を自動化で行う「GenKan(ゲンカン)」を展開するKOSKA。同社のサービスについて解説を行ってきました。原価管理という分野において、現在明確なメインプレイヤーがいない今、今後の展開次第で大きくその市場を獲得する事ができると思うので、今後の市場成長性は十分にあるかと思います。KOSKA社も順調に資金調達、企業との提携を行っており、今後どのように展開をしていくのか目が離せない企業と言えるでしょう。

広告
KOSKAとは?
最新情報をチェックしよう!