注目キーワード
  1. SaaS
  2. HRTech
  3. FoodTech
  4. HealthTech
  5. AdTech
次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
HiCustomerとは?

HiCustomerとは?カスタマーサクセスを支援するサービスを展開

広告

カスタマーサクセスを支援するサービスを展開するHiCustomer。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について解説します。

HiCustomerの概要

HiCustomerの概要

HiCustomerとは、2017年12月に設立されたカスタマーサクセスに特化したサービスを展開するSaaS型企業です。カスタマーサクセスというSaaS型企業特有の職種に対して特化したサービスを展開する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、SaaSにおけるカスタマーサクセスの認知が広がっている中、これからの将来が楽しみな企業です。

広告

HiCustomerとは、どのようなサービスか?

HiCustomerの主要なサービスは、同社名と同じ『HiCustomer』というサービスです。以下にて詳しく解説をしていきます。

HiCustomerとは?

HiCustomerとは、カスタマーサクセス業務を支援するサービスです。SaaS型ビジネスにおいて、カスタマーサクセス業務は重要な役割を担う部分であるため、その業務を効率化させるサービスとして注目を集めています。

HiCustomerの魅力・評判とは?

続いて、HiCustomerの魅力・評判について、解説していきます。

ヘルススコアを算出できること

ヘルススコアを算出できること

HiCustomerでは顧客の健康状態を表す「ヘルススコア」を自動で算出することが可能です。ヘルススコアを用いることで、十分に活用できている顧客、活用できていない顧客を明確化することができるため、フォローするべき顧客、アップサイドを狙える顧客などを一目で確認することができます。そのため、顧客の活用度に応じた対応をすることが可能です。

顧客の利用状況を個別で確認できること

顧客の利用状況を個別で確認できること

HiCustomerでは、顧客の利用状況を時系列に沿って個別に確認することが可能です。そのため、カスタマーサクセスが対応した内容の効果を簡単にトラッキングすることができます。

解約予測とアップセル予測を自動で通知すること

解約予測とアップセル予測を自動で通知すること

HiCustomerでは、顧客の利用状況に応じて、解約予測とアップセル予測を自動で通知することが可能です。自動で通知をしてくれるため、既存顧客の収益の拡大および解約の阻止を行うことができます。そのため、より効率的なサポートを行うことができます。

導入サポートがしっかりしていること

導入サポートがしっかりしていること

HiCustomerでは、契約後カスタマーサクセス担当が、ヘルススコアの運用などの立ち上げをサポートしてくれます。そのため、サービス導入後の活用についてサポートがしっかりしていると言えるでしょう。

HiCustomerの代表者は?

代表取締役は『鈴木 大貴』氏です。
高専卒業後、医療器械メーカーや人材系企業、IT系スタートアップでに業務経験を経て、Bアーキタイプに入社します。同社で、スタートアップ支援と事業会社向け新規事業開発コンサルティング業務に従事した後、2017年12月にHiCustomer会社を創業し、現在に至ります。

HiCustomerの資金調達状況は?

創業から資金調達を行なっており、現在までに総額6,000万円の調達を完了し、シード期に位置すると推定されます。

2018年7月、500 Startups Japan、BEENEXT、アーキタイプベンチャーズよりシードで総額6000万円の資金調達を実施したと発表。同社に外部資本が入るのはこれが初めてだ。

https://jp.techcrunch.com/2018/07/04/hicustomer-fund-raising/

HiCustomerの今後の動向は?

同社の主要サービスである『HiCustomer』を無事2018年12月リリースしたことにより、今後サービスの拡大を進めていくものと想定されます。同社のサービスのベータ版登録は、500社以上あったとのことなので、需要は一定あるサービスかと思います。今後、より顧客の利便性に寄り添ったサービスの拡充と、サポート体制の整備が求められるかと思います。

HiCustomerは2018年4月にクローズドβ版をリリースして以来、500社以上が事前登録している。現在は累計30社がトライアル導入を果たしており、順次正式版の契約に移行しているという。正式版の導入企業は弁護士ドットコム(CloudSign)、グッドパッチ(Prott)、ベーシック(ferret One)、Wovn Technologies(Wovn.io)、SCOUTER(SARDINE)など(カッコ内はプロダクト名)。

https://jp.techcrunch.com/2018/12/04/hicustomer-launch/

まとめ

カスタマーサクセスを支援するサービスを展開するHiCustomer。同社のサービスについて解説してきました。SaaS企業が今後拡大が進むことが予想される中、同社のサービスの需要も高まると想定されます。その中で、SaaS型ビジネスで注目を集めている、カスタマーサクセスという領域において、サポートをするツールは日本国内にはまだあまりないため、成長が見込めるサービスであるかと思います。同社の今後の展開から目が離せませんね。

広告
HiCustomerとは?
最新情報をチェックしよう!
>将来有望なSaaS企業を紹介

将来有望なSaaS企業を紹介

将来有望なSaaS企業をデイリーでLINE@にて紹介します。
LINE上で、企業名やサービス名で検索すると、こちらのサイトに簡単にアクセスすることも可能です。
関心ある方は、以下『登録ボタン』より登録ください。