注目キーワード
  1. SaaS
  2. HRTech
  3. FoodTech
  4. HealthTech
  5. AdTech
次のユニコーンになりうるSaaS企業を紹介していきます。
GVA TECHとは?

GVA TECHとは?AIによる法務業務を支援するサービスを提供

AI GVA TECHとは?
広告

AIによる契約書作成支援など法務業務を効率化するサービスを提供するGVA TECH。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説をしていきます。

GVA TECHの概要

GVA TECHの概要

GVA TECHは、2017年1月に設立された人工知能(AI)を元に契約書作成業務などに代表される法務業務を効率化するサービスを提供するSaaS型企業です。法務業務とITを組み合わせたLegalTech業界に属する企業として注目を集めています。現在非上場企業ですが、LegalTechとAIを組み合わせたサービスを提供するなど、これからの展開が楽しみな企業です。採用活動にも積極的に取り組んでおり、インターン求人に関心ある方はこちらから確認することができます。

広告

GVA TECHとは、どのようなサービスか?

同社の主要なサービスは、「AI-CON」と呼ばれるサービスです。現在、シリーズとして『AI-CON(アイコン)』『AI-CON(アイコン)登記』『AI-CON Pro(アイコンプロ)』『AI-CONドラフト』の4つのサービスに分かれており、それぞれ以下にて詳しく解説をしていきます。

AI-CON(アイコン)とは?

AI-CON(アイコン)とは?

AI-CON(アイコン)とは、契約書のドラフト作成からレビューを自動化することができるLegalTechサービスです。従来の契約業務を効率化させ、法務業務の生産性を向上させることができるサービスとして注目を集めています。

AI-CON(アイコン)の魅力・評判は?

続いて、AI-CON(アイコン)のサービスの魅力と評判について見ていきます。

契約書の作成から交渉までサポートしてくれること

契約書の作成から交渉までサポートしてくれること

AI-CON(アイコン)では、AIを組み合わせた技術により、契約書の作成から交渉まで一気通貫して対応することが可能です。契約に関わる業務を一元化して管理することができる為、より効率的に運用をすることができます。

契約書レビューを省略化できること

契約書レビューを省略化できること

AI-CON(アイコン)では、契約書のレビューを自動化することができる為、より業務を効率化することが可能です。同社調べによると、チェックにかかる時間が1/10以下になったとの試算も出ており、より業務を省力化することができます。

レビュークオリティを統一できること

レビュークオリティを統一できること

AI-CON(アイコン)では、契約書を自動でレビューしてくれる為、クオリティを一定に保つことができます。そのため、確認する人によってクオリティや時間のばらつきが違うことを防ぐことが可能です。

条文の修正や修正意図の確認に時間がかからないこと

条文の修正や修正意図の確認に時間がかからないこと

AI-CON(アイコン)では、条文の修正や修正意図について自動で確認することができます。そのため、あまり法律業務に知識がない人もよりスムーズに交渉することが可能です。

AI-CON(アイコン)登記とは?

AI-CON(アイコン)登記とは?

AI-CON(アイコン)登記とは、必要書類をアップロードし、最低限の入力を行うだけで、法人登記への必要書類を自動作成する法人登記支援サービスです。法人登記のかかる業務をより省力化することをサポートするサービスとして注目を集めています。

AI-CON(アイコン)登記の魅力・評判は?

続いて、AI-CON(アイコン)登記の魅力と評判について解説していきます。

最低限の記入で登記が済むこと

最低限の記入で登記が済むこと

AI-CON(アイコン)登記では、登記情報において必要最低限の入力だけで登記することが可能です。登記にかかる必要最低限な情報の入力だけに抑えることができます。

ダウンロードし、すぐに提出できること

ダウンロードし、すぐに提出できること

AI-CON(アイコン)登記では、作成した書類をダウンロードし、すぐに提出することが可能です。また、オプションサービスとして、押印して郵送するだけで手続きが済む場合もあり、より省力化して提出することができます。

登記のスケジュールがわかりやすいこと

登記のスケジュールがわかりやすいこと

AI-CON(アイコン)登記では、登記のスケジュールが一目瞭然であるため、より工程を確認しやすく提出することが可能です。

AI-CON Pro(アイコンプロ)とは?

AI-CON Pro(アイコンプロ)とは?

AI-CON Pro(アイコンプロ)とは、エンタープライズ向けの自社専用のAI契約法務サービスです。すでにローンチされているAI-CON(アイコン)のエンタープライズ向けサービスです。現在、2019年内のリリースを目指しているサービスです。

AI-CONドラフトとは?

AI-CONドラフトとは?

AI-CONドラフトとは、仕事で使える書式や契約書のドラフトを無料でダウンロードして利用することができるサービスです。現在、NDAやライセンス契約などのドラフトを有料もしくは無料でダウンロードすることができます。

AI-CONドラフトの契約書一覧

GVA TECHの代表者は?

代表取締役は『山本 俊』氏です。
山梨学院大学法科大学院卒業し、弁護士として登録後、鳥飼総合法律事務所にてキャリアを積みます。その後、2012年にGVA法律事務所を設立し、創業時のマネーフォワードやアカツキ等の上場も含め顧問弁護士としてサポートを実施します。
その後、2017年1月、GVA TECH株式会社を創業し、現在に至ります。

GVA TECHの資金調達状況は?

創業から順調に資金調達を完了しており、現在までに確認されている範囲で約1.8億円の調達を完了しており、シード期に位置すると推定されます。

2018年9月、AI契約書レビュー「AI-CON(アイコン)レビュー」(https://ai-con.lawyer/)をはじめとしたリーガルテックサービスの開発・運営を行うGVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 山本俊、以下当社)は、DBJキャピタル株式会社および西武しんきんキャピタル株式会社から第三者割当増資による約1.8億円の資金調達を実施しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000033386.html

GVA TECHの今後の動向は?

今回の資金調達を受け、同社の主力サービスである「AI-CON」シリーズのさらなる機能拡充を図っていくものと推定されます。特に法務業務がなかなか整備されていない中小企業を対象に今後同社のサービスのさらなる拡大を図っていくことが予想されており、これからの展開が楽しみな企業と言えるでしょう。今後、中小企業を対象にいかに導入社数を増やしていけるかが重要な要素であると言えるため、今後の同社のサービス展開から目が離せませんね。

当社はこれまでも、ビジネスにおける法務格差をなくすべく、AIにより契約書のレビューを自動化する「AI-CONレビュー」などの開発を行ってきました。今回の資金調達により、リーガルテックサービス「AI-CON」シリーズの開発体制を強化するとともに、サービスのさらなる利便性向上に向けた機能拡充を加速してまいります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000033386.html

まとめ

AIによる契約書作成支援など法務業務を効率化するサービスを提供するGVA TECH。同社のサービスについて解説をしてきました。同社が所属するLegalTech業界は、これからさらに市場として伸びることが予想される業界である為、同社のサービスの拡大も期待できるかと思います。一方で、LegalTech業界には新規で参入する企業も増えてきていることから他社との差別化をしていくことが重要になるかと思います。GVA TECH社は、中小企業をメインターゲットとして市場の拡大を進めており、いかに中小企業の導入社数を増やせるかが今後の戦略を考えるにあたって重要な要素となると思います。同社の今後の展開から目が離せません。

広告
GVA TECHとは?
最新情報をチェックしよう!
>将来有望なSaaS企業を紹介

将来有望なSaaS企業を紹介

将来有望なSaaS企業をデイリーでLINE@にて紹介します。
LINE上で、企業名やサービス名で検索すると、こちらのサイトに簡単にアクセスすることも可能です。
関心ある方は、以下『登録ボタン』より登録ください。