CROCOとは?

CROCOとは?Webライティングに特化したサービスを展開

広告

Webライティングに特化したサービスを展開するCROCO。同社のサービスの魅力と評判、資金調達状況について詳しく解説します。

CROCOの概要

CROCOの概要

CROCOとは、2015年3月に設立されたWebライティングや記事作成に特化したサービスを展開するSaaS型企業です。また、Webライティングだけでなく、コンテンツの解析などといったAdTechサービスも提供しています。現在非上場企業ですが、これからの成長が楽しみな企業です。

広告

CROCOとは、どのようなサービスか?

同社のサービスは、主に『コンテンツ制作』『コンテンツ解析』『コンテンツ保護』『オウンドメディア制作・運用』『ローカライズ海外事業』『ライター登録・支援』と多岐に渡ります。ここでは、その中でもSaaS型でのサービス展開をしているコンテンツ解析事業の一つであるWEBコンテンツ作成支援ツール「tami-co(たみこ)」について解説していきます。

tami-co(たみこ)とは?

tami-co(たみこ)とは?

tami-co(たみこ)とは、月額10万円でWEBコンテンツの作成支援をしてくれるサービスです。記事作成において発生する悩みを解決するサービスとして注目を集めています。

tami-co(たみこ)の魅力・評判とは?

続いて、tami-co(たみこ)の魅力や評判について以下にて解説していきます。

様々な機能を搭載していること

様々な機能を搭載していること

tami-co(たみこ)では、Webコンテンツを作成するにあたって必要となるSEO対策をより簡単に判断する機能を多く搭載しております。そのため、手間がかかるSEO対策をより容易にとることが可能です。

より適正なSEO対策ができること

より適正なSEO対策ができること

通常だと手間がかかるSEO対策がtami-co(たみこ)を用いることによって、効率的に対策を行うことが可能です。よりニーズのあるコンテンツを作成し、Google検索で上位に表示されやすくなることが期待できるため、多くの人に自社コンテンツを訴求することができます。

CROCOの代表者は?

代表取締役社長 CEOは、『栗田 佳典』氏です。
横浜国立大学卒業後、株式会社セントメディア(現・株式会社ウィルグループ)に入社し、HR部門の立ち上げ、新規事業開発業務等を経た後、HR機能と事業開発機能を有するコーポレートデザイン室を新設し、室長に就任します。その後、株式会社サムライファクトリーに転職し、事業統括部長、事業担当取締役を経て、代表取締役社長に就任します。その後、コンテンツマーケティング事業を吸収分割により分社化し、CROCO株式会社を設立し、現在に至ります。

CROCOの資金調達状況は?

同社の資金調達状況が開示されていないため、割愛します。

CROCOの今後の動向は?

従来のWebライティングサービスに加え、コンテンツ作成支援サービスを提供するtami-co(たみこ)を今後拡大していくものと想定されます。Webライティングサービスが一定市場が確立されつつある中、コンテンツ作成支援サービスを加えた価値を提供していくものと考えます。今後の同社のサービス展開が楽しみですね。

まとめ

Webライティングに特化したサービスを展開するCROCO。同社のサービスについて詳しく解説していきました。Webライティングに加え、コンテンツ作成支援サービスを合わせて展開できる点に同社の強みがあると思うので、そのシナジーによって、これからのサービス展開を進めていくことが期待できると思います。

広告